>>8月31日まで/コスモウォーターキャンペーン

お風呂と水分補給/入浴前後と入浴中の3回に分ける重要性とおすすめ飲み物特集


お風呂と水分補給/入浴前後と入浴中の3回に分ける重要性とおすすめミネラルウォーター

長風呂をしても、しなくてもお風呂に入るだけで体内の水分濃度が自然と低下してしまいます。

私達がイメージしている以上に、入浴時は汗が大量に吹き出しており、仮に喉が乾いていない状態でも意識的に水分補給を行わないと血液がドロドロになってしまい、様々な病気を引き起こしてしまう原因に繋がりかねませんので注意が必要です(>_<)

ですが、水分補給自体はなんとなく分かっていても『いつ補給すれば良いのか』いまひとつ分からない部分ですよね。

そして結論は、当記事のタイトルでもご紹介している通り『入浴前・入浴中・入浴後』の3回に分けてミネラルウォーターを飲むのがおすすめ!

ミネラルウォーターの補給目安
詳細
入浴前
入浴中
入浴後

※2019年8月現在

その中でも『入浴前と入浴後』に特に意識して水分補給を行うべきです。

イメージ的には、下の画像のような感じですね。

お風呂の水分補給

この記事では、3回に分けてミネラルウォーターで水分補給を行うべき理由と、その重要性についてご紹介しています(^^)

 

[box color=”beige” title=”■追記情報”]

ペットボトル×シリカ水として非常に人気の高い飲むシリカを実際に購入してみました!

数あるミネラルウォーターの中でも、特におすすめしたいお水は、美容水として大人気のシリカ水

その中でも『飲むシリカ』の人気が非常に高いです(^^)

入浴で汗と一緒に洗い流されたセラミド補給に役立つシリカ成分配合だからこそ、多くの美容に関心を持つ女性に愛用されているんですね!

詳しいレビュー内容も合わせてご覧ください。

[/box]

お風呂の水分補給飲み物はミネラルウォーター!その理由

お風呂の水分補給はミネラルウォーター水が一番な理由

なんとなく『水分補給は必要』だと頭の中で理解していても、具体的に『何をどのような方法』で飲めば良いのか、疑問に感じる部分かと思います。

一例をあげると、以下のような飲み物をお風呂用の水分補給として利用している方が多いようですね(^^)

[box color=”beige” title=”■MEMO”]
  • ビール(!)
  • 水道水
  • 天然ミネラルウォーター
  • 白湯
  • コーヒー
[/box]

そして、タイトルでご紹介の通り『お風呂の水分補給』として一番おすすめしたいのは、ミネラル成分が大量に含まれている『天然ミネラルウォーター水を常温状態』で飲む方法です(^^)

 

失われた水分は、純度の高い水分で補給

「冷たいビールをお風呂あがりにぐいーーっと」を毎日の生きがいにしている男性も多いかと思いますが、失われた水分は水分で補給しましょう。

ビール等の利尿作用のある飲み物ですと、反対に水分不足になってしまい肌荒れ・血液のドロドロ現象に繋がる可能性が考えられます。

 

冷水だと体温を下げてしまい、下痢になる可能性あり

また、カラダが温まった状態でミネラルウォーターを冷水状態で飲んでしまうと、内臓が一気に冷えてしまし、負担を与える原因になります。

[box color=”beige” title=””]
  1. 入浴前にコップ1杯のお水 or ペットボトルをテーブルの上にセットしておく。
  2. お風呂に入る。
  3. 上がったらすぐに常温に近い状態のお水をゴクゴク飲む。
[/box]

ちょっと面倒くさいかもしれませんが、このようなちょっとしたポイントが明日の美・健康の為に重要です(>_<)

 

お風呂ダイエット中ならアルカリイオン水がおすすめ

アルカリイオン水

[box color=”beige” title=”■アルカリイオン水の効果”]
  • 痛風改善予防効果
  • 疲労回復
  • 胃腸症状の改善・回復を優しくサポート
[/box]

私達のカラダは『弱アルカリ性寄り』ですが、現代の食生活や仕事・家事等のストレスにより酸性寄りの少しずつ変化しています。

こちらのアルカリイオン水の記事内でも詳しくご紹介していますが、酸性寄りのカラダになってしまうと、様々な病気を引き起こしてしまう原因に繋がりかねませんので注意が必要(>_<)

そんな時のお助けアイテムとして『pH9,0〜10,0』のアルカリイオン水が特に好まれています。

硬度が非常に低いからこそ、飲みやすい!

おすすめアルカリイオン水としてご紹介中の温泉水99でしたら、5,5Lのお試しセットが990円で購入可能!

お肌ちゅるちゅる効果を期待して、毎日適切な入浴時間・温度でバスタイムを楽しんでいる女性でしたら、アルカリイオン水よりも美容に効くシリカ水をおすすめしますが、このような『格安・かつ高品質』なミネラルウォーターも一部限定ですが2019年8月現在販売されています(^^)

[in_link url=”https://takuhaisui.info/water-life/onsensui99″ date=”modify” excerpt=”” title=”” label=”レビュー記事” label_color=”blue”]

 

入浴前の水分補給

入浴前の水分補給が特に重要

[box color=”beige” title=””]
  • 交感神経の活発化により、入浴中は血液がドロドロになりやすい。
  • 発汗するから、体内の水分量が低下する。
[/box]

なんとなくイメージ的に『入浴中に水分補給すれば問題ない』と考えている方が大半だと思います。

ですが、血液が長風呂・短時間の入浴問わずドロドロになってしまう前に『ドロドロになりづらい工夫』が大切です(>_<)

お風呂に入る『10分〜15分前』を目安に、コップ一杯分の常温のお水を飲んでから入浴するように心がけましょう。

血液がサラサラですと、新陳代謝向上にも繋がりますのでダイエット効果も期待出来ます(^^)

 

お風呂(入浴)中の持ち込み飲み物の補給量

入浴前の水分補給が非常に重要ですが、お風呂に浸かりながらの補給も大切。

あくまで目安として考えて頂きたいのですが、40℃前後の湯船に15分間程度入っていると、体内から約500ml程の水分が汗と一緒にあふれ出てしまいます(>_<)

ですが、入浴中の水分補給はさほど入浴前・入浴後と比較すると、そこまで意識する必要が無いのも事実です。

[box color=”beige” title=””]
  • どちらにせよ入浴後にお水をたくさん飲む(飲みたくなる)
  • 体内が『水分の排出』と『水分の補給』を同時に行っている状態になり、新陳代謝が悪くなる可能性がある。
[/box]

軽く(100ml程度)飲む程度に抑えて頂き、お風呂中は『発汗』を意識。

入浴後に水分補給をまとめて補給するほうが効率的ですね(^^)

 

お風呂あがり(入浴後)の水分補給

時間問わず、お風呂に浸かると肌の保湿をカバーしてくれているセラミドが汗と一緒に洗い流されてしまっています。

その為、体内細胞に優しい『常温状態のお水』を飲むことも、勿論大切ですが保湿ケアは男性でもしっかり行いましょう。

目安として『入浴前の水分量よりちょっとだけ多いレベル』で問題なし。

フィジーウォーターを1番値段の安い販売店で購入しました!

私は肌の為に、美容水として人気のシリカ水を愛用していますが、入浴の水分補給は下記の表のような感じで実践しています。

詳細
入浴前
200mlくらいを目安に飲む
入浴中
飲む時と飲まない時あり
入浴後
入浴前に飲んだお水の残りを飲み干す

※2019年8月現在

つまり『入浴前から入浴後まで合計500ml』程度のお水を飲んでいますね(^^)

昔はコップにお水を入れてチビチビのんでいましたが、ペットボトル水だと内容量が500ml〜600mlありますので『飲み干す=効果的な水分補給達成』と分かりやすくていい感じ!

 

お風呂の水分補給は『入浴前・入浴後』が重要

お風呂の水分補給

まとめると、上の画像の通り『入浴前と入浴後』に多くの水分を補給しましょう。

また、水道水でも勿論問題ありませんが、日頃の仕事・家事・育児の疲れから不足しがちなカルシウムやシリカ成分等の補給もこの時に行うと尚良し!

お風呂あがり時は一番体内細胞が水分を欲している状態ですので、この時に評判の高いミネラルウォーターを飲むのもアリですよ(^^)

 

女子に大人気のシリカ水
詳細
シリカ成分量
お試し感覚
500ml換算した安さ
特徴本気&家族の飲料水
シリカ水ウォーターサーバー含有量比較/おすすめランキング【2019年度版】
...

■サーバー体験談

コスモウォーターサーバーレビュー
高性能
アクアファブレビュー
天然水サーバー最安値・信濃湧水レビュー
フレシャスデュオレビュー
おしゃれ

>>その他のレビューも見る

タイトルとURLをコピーしました