1. ホーム
  2. ウォーターサーバーの基礎知識
  3. ≫ウォーターサーバーの料金(価格)って何?導入後の必要経費を解説!

ウォーターサーバーの料金(価格)って何?導入後の必要経費を解説!


Warning: getimagesize(): Filename cannot be empty in /home/hikaruraito/takuhaisui.info/public_html/wp-content/themes/msx-02-180417/functions.php on line 1145

Warning: getimagesize(): Filename cannot be empty in /home/hikaruraito/takuhaisui.info/public_html/wp-content/themes/msx-02-180417/functions.php on line 1145
ウォーターサーバーって便利って聞いたけど料金高そう…[/fukidasi]

 

利便性が高い事は勿論の事、最近ではグッドデザイン賞を受賞しているインテリアにもなり得るおしゃれウォーターサーバーが次々に販売されており、お使いのSNSで見かけるシーンも年々増えてきているかと思いますヾ(*´∀`*)ノ

そんな便利と評判の高いウォーターサーバーを一度使ってみたいッ!と考えている方の一番の不安が月額料金(価格)ってどうせ高いんでしょwでしょう。

私自身、旦那の引っ越しで現在はウォーターサーバーを利用していませんが、以前使っていた時は非常に便利だったことは勿論の事、私が想像している以上にウォーターサーバーの月額料金が安く特に不満なく利用出来ました(^^)!!

 

今回は以前利用していたウォーターサーバーの月額料金の詳細・継続して利用する上でどんな料金が発生するのか?等、あなたが仮にウォーターサーバーを契約するとどんな料金を支払う必要があるのかご紹介したいと思います♪

早速一番料金が安いウォーターサーバーを確認するっ!!

ウォーターサーバーの料金(価格)について導入前に確認

変動費と固定費の違い

”アラサー女”

 

ウォーターサーバーを利用する上であなたが知ってもらいたい重要な事は【変動する料金と固定されている料金がある】という事。

変動されている料金とは、あなたがどのような使い方でウォーターサーバーを利用するのか?でかなり変動し、仮に毎日のように生活の一部としてウォーターサーバーを使うのでれば、当然月額料金も加算でしまいます( ˘ω˘)

つまりあなたが出来る限り月額料金が安いウォーターサーバーを利用したいと考えているのであれば、いかに変動費をおさえれるのかが重要になってきます(^^)

この変動費はあなたが選ぶウォーターサーバーによってかなり変わってきますので、料金を抑えたい場合は、変動費が安いウォーターサーバーを選ぶようにしましょうヾ(*´∀`*)ノ

 

そして、反対にウォーターサーバーの固定費とはウォーターサーバーを利用するだけで必ず発生する月額料金の事を指しており、基本的にこの固定費は選ぶウォーターサーバーとは無関係に発生する料金ですので、料金を抑えたい場合でも必ず支払う必要があります。

この固定費は、基本的に人気の高いウォーターサーバー全てが同一料金である事が大半ですので、あまり深く考える必要はないかも知れませんね(^^)

 

ウォーターサーバーの料金(価格)の相場

[fukidasi color=”black” back_color=”light-gray” avatar=”https://takuhaisui.info/wp-content/uploads/2018/04/woooor4-min.png” lr=”l” name=”アラサー女” type=”yoko” avatar_waku=”maru”それでは平均的にウォーターサーバーを利用するといくら料金がかかるのか?確認していきましょう。

 

上で解説している通り、変動費によってウォーターサーバーの月額料金はかなり変わりますので、【相場】を紹介するのが正直な所少し難しいのですが、現在レンタル販売されているウォーターサーバーの最低注文本数だけを申し込んだ場合の料金の相場から、確認してきましょう(^^)

ウォーターサーバーの相場
  • 毎月24L注文した場合は→3,900円
  • 毎月36L注文した場合は→5,500円

勿論あなたが導入するウォーターサーバーによって約4,000円より圧倒的に安い料金で利用出来るウォーターサーバーや、反対に料金が相場より高いウォーターサーバーも有りますが、基本的にウォーターサーバーを生活の一部として利用する上で必要な料金は、4,000円程度と認識した頂いて間違いないでしょう。

 

このように相場を改めて確認すると「ウォーターサーバーって少し高いなぁ〜…」と感じてしまう方も多いかと思いますが、店頭販売されているお水とウォーターサーバーを利用することで飲めるお水で比較すると、ウォーターサーバーで飲めるお水の方が安く利用出来る場合がほとんどなんです♪

ウォーターサーバー水は、基本的に1本12Lから販売している為、店頭販売水と比較し辛い部分がありますが、ウォーターサーバー水を500mlあたりの料金として考えるのであれば、500ml/80円程度と、店頭販売水の30%OFF程度で購入出来ます(^^)

 

またウォーターサーバー水は健康や美肌効果に役立つミネラル成分が多く含んでいる自然由来の天然水である事が多く、利便性が高い事は当然ながら貴方の健康をサポートしてくれる店頭販売水では決して味わう事の出来ない効果が期待出来る生活サポート水でもあるのですヾ(*´∀`*)ノ

 

ウォーターサーバーの料金で重要な変動費

”アラサー女”

飲んだ分だけ加算される天然水(ピュアウォーター)料金

point2_05

ウォーターサーバーの変動費の中で一番大きなウエイトを占めるのが天然水(ピュアウォーター)代金です。

ウォーターサーバーを利用する最大の目的が【品質の高いお水を低価格で飲みたい】方が大多数かと思いますが、ウォーターサーバーで飲めるお水は店頭販売水と同じ料金システムと採用しており、注文した分だけ月額料金が加算されてしまいます。

 

ウォーターサーバーの月額料金=お水代金といっても過言ではないくらい、月額料金が占める割合の大部分がこのお水代金ですね(^^)

つまりお水代金をいかに抑える事が出来るのか?によってあなたが毎月支払う料金が大幅に変わってきます。

そして、ウォーターサーバーで飲めるお水には天然水とピュアウォーターと呼ばれる種類のお水の2種類が選択可能となっており、基本的にミネラル成分がほとんど含まれていないピュアウォーターの方が安値で飲める場合が大半です♪

 

当サイトでは価格で選ぶ・安いウォーターサーバーランキングと称して、月額料金が安いマシーンを50社以上から比較して解説していますが、業界で一番安い料金で利用出来るウォーターサーバーがピュアウォーター水が飲めるアルピナウォーターとなっており、変動費を抑えたい場合はピュアウォーターが飲めるウォーターサーバーの中から選ぶ事が必須条件となっています(^^)

変動費を抑える豆知識

しかしながらいくら販売価格の安いウォーターサーバーを導入したからと言って、大家族で利用し、ガブガブお水を飲まれるのであれば、注文数に応じて月額料金も比例してしまうウォーターサーバーよりは、一律定額制(固定費)で完全飲み放題が可能なクールクーのようなウォーターサーバーがおすすめです。

 

利用した分だけ増える電気料金

[fukidasi color=”black” back_color=”light-gray” avatar=”https://takuhaisui.info/wp-content/uploads/2018/04/woooor4-min.png” lr=”l” name=”アラサー女” type=”yoko” avatar_waku=”maru”ウォーターサーバーは電気で動く電化製品だから当然電気代もかかるよ♡

 

自宅の電気代金としてまとめて支払う為、変動費という実感は少なかったのですが確実にウォーターサーバーを利用しはじめて月額の電気代金が増えてしまいました。

電気代金の相場は月額1,000円前後となっており、この電気代金は毎月24L程度のお水を利用した場合の電気代金ですので、仮にあなたが毎月36L程度のお水を利用する場合は1,200円〜1,500円程度毎月支払う必要があると言えますね( ˘ω˘)

 

この電気代金に関しては、お水代金以上にあなたが選ぶべきウォーターサーバーの種類によって変動し、エコ機能等電気代を抑える仕組みが搭載されているウォーターサーバーだと、300円代で利用出来る場合があります(^^)

つまりエコ機能が搭載されているウォーターサーバーを選ぶ事で、平均的な電気利用料マシーンより700円安く利用でき、年間電気代金として計算するのであれば、エコタイプのマシーンの方が約8,000円近く安い料金となるのです。

おしゃれなウォーターサーバーは電気代も安い

そして電気料金が安いウォーターサーバーの中でも、特にエコ機能マシーンとして評判の高い製品が、おしゃれウォーターサーバーとしても人気が高いフレシャス・デュオヾ(*´∀`*)ノ

月額電気代金300円程度で利用出来る事に加えて、グッドデザイン賞受賞した洗礼されたフォルム、血糖値の上昇を抑える働きが期待出来る富士山のバナジウム天然水等、月額料金を抑えてくれる事は勿論の事、総合的コストパフォーマンスも優れている人気ウォーターサーバーマシーンです(^^)!!

電気代金を抑える方法
  • エコ機能が搭載されているウォーターサーバーマシーンを利用する
  • 温水機能は極力利用しない

温水機能を極力抑える方法をとれば毎月数百円程度の電気代金を浮かす事が出来るでしょうが、ウォーターサーバー最大のメリットの一つでもある24時間いつでも温水が利用出来る機能を利用しないなんて本末転倒ですから、変動費の一つでもある電気代金を抑える方法はエコ機能が搭載されているマシーンを選ぶ他ありませんね(^^)

 

〜変動費まとめ〜
  • ほぼ全てのウォーターサーバーはお水代金によって月額料金が変動する!
  • マシーンの性能によって電気料金だけで年間8,000円近く変わる!

 

料金を抑える上で重要なウォーターサーバーの固定費

利用する上で必ず必要な料金だから、変動費みたいに安く出来ない場合がほとんどだよ…[/fukidasi]

利用することで発生するサーバーレンタル料金

flart

ウォーターサーバーを利用する上で避けては通れない固定費の一つでもあるサーバーレンタル料金( ˘ω˘)

製品によって多少サーバーレンタル費用は異なりますが、平均して月額500円程度かかる場合が多いですね。

しかしながら2014年頃から各社が利用者にもっとウォーターサーバーを利用して欲しいッ】とサーバーレンタル料金を続々無料にし始め、最近では一部のデザイン性に特化したサーバーマシーン以外は、全てレンタル料金0円で利用する事が可能となっています。

Aフレシャス・デュオフレシャス・スラット
 月額サーバー費用 無料 500円 900円
どうすれば無料になる? ー 天然水4パック以上の注文 天然水4パック以上の注文

上の表を見る限りでは「サーバーレンタル料金が無料の製品の方が良いじゃんっ!」と思うかも知れませんが、サーバーレンタル料金を毎月支払う事で注文ノルマが不要となるキャンペーンを行っているウォーターサーバーもあり、必ずしも【レンタル料金が発生する=月額料金が高い】とはならないので注意して下さい。

 

お水をあなたの自宅に配送する送料料金

4300222

サーバーレンタル料金と同様に、基本的には毎月無料で鮮度の高いお水を配送してくれますが、地方・離島にお住まいの方は業者によって1本あたり100円程度の配送料金が発生する場合があります。

【1本あたり100円】と聞くと「別に対した事じゃないじゃんっ!だって100円だよ!?」と思う方も多いかと思いますが、注文ノルマがあるウォーターサーバーでしたら毎月最低でも2本以上の注文が義務付けられていますので、毎月にかかる送料は最低でも200円となり、1年間として計算すると2,400円を送料として支払う必要があるのです( ˘ω˘)

 

大部分は配送料金0円ですが、意中のウォーターサーバーを見つけた際には販売先の公式サイトであなたが住んでいる地域への配送料金をご確認の上改めて検討し直してください(^^)

 

契約未満で解約すると発生する解約手数料金

 A BC
 契約期間 1年間 2年間 3年間
 契約未満の場合の手数料金 4,762円 10,000円 15,000円

この固定費は、契約期間未満での解約時に限り発生する料金ですので、あなたが契約満期で解約すれば全く関係のない料金ですが念の為解約手数料金についても導入前に確認しておいて損はしないはず( ˘ω˘)

つまり仮にあなたがB社のウォーターサーバーを利用し始め、個人的な都合により1年半年で解約する必要がある場合は、10,000円支払わないと解約出来ないというわけですね。

 

最近ではこの解約手数料を他社ウォーターサーバーに乗り換えする事が条件で全額キャッシュバックを行っている業者もありますが、固定料金の中で一番高い費用となっていますので、必ず導入前に契約期間・解約手数料金をご確認下さい(^^)

 

一番変動費・固定費が安いウォーターサーバーはコレ!

注文ノルマが無い唯一のウォーターサーバー
アルピナウォーター
5
価格572円〜
送料
マシーン月額572円
お水の種類赤ちゃんでも安心して飲めるピュアウォーター
アルピナウォーター
alpina-02

月額料金において重要なウエイトを占めるお水代金が948円と、一般的なウォーターサーバーより約1,000円安いただ一つのマシーン!

また注文ノルマが一切ありませんので、完全にあなたの都合・ペースで注文出来る利用者優先マシーンとして非常に人気が高いのも納得出来ます(^^)

 

変動費の一つでもある電気料金は、月額1,000円程度とあくまで平均的ですが、お水代金が圧倒的に安く総合的に計算するとアルピナウォーターが業界内で一番料金が安い!!

 

また導入する前に不安な【契約期間・解約手数料金】ですが、アルピナウォーターは通常のマシーンより圧倒的に短い【最低1年間の利用・契約未満での解約4,762円】!

 

アルピナウォーター以外にも安いウォーターサーバーは様々有りますが、正直値段で比較するのであれば、アルピナウォーターが他社の追撃を許さない独走状態です…!

 

アルピナウォーターの公式サイトを確認する。

おしゃれな友人にシェアしよう!

【総合】おすすめ比較ランキング

2018年7月更新!特に業界でも売れ筋の人気宅配ウォーターサーバー水をおすすめ順にランキング形式でご紹介しています。

PICK UP/人気比較特集ページ

  1. 卓上型のサーバー特集
    おすすめの卓上ウォーターサーバーをランキング形式でご紹介しています。

    サーバーマシーンの置き場所に困りそうなら、コンパクトな卓上型の小型サーバーが1番です。

  2. おしゃれサーバー特集
    おしゃれでデザインに特徴があるウォーターサーバーをランキング形式でご紹介しています。

    近年のトレンドは『おしゃれ』そんなトレンドにマッチングしたおしゃれな全サーバーマシーンを解説中。

  3. ノルマが無いサーバー特集
    注文ノルマが無い珍しいタイプのウォーターサーバーの中から特に人気の高い3種類の宅配水に絞ってご紹介しています。

    注文ノルマが無い・または無いに等しいウォーターサーバーに絞って紹介中。毎月の費用が固定化されません。